ここから本文です

未来の桜を植えよう 高知・香南市

4/25(木) 20:40配信

テレビ高知

テレビ高知

「お~いお茶」で知られる伊藤園が進める全国に桜の木を植える活動が、高知県香南市からスタートしました。地域の人たちも一緒に汗を流して植樹をし、桜が咲き誇る未来を思い描いていました。

植樹を記念して、まず伊藤園の代表者と香南市の清遠真司市長らが出席し式典が行われました。伊藤園は平成元年に販売を始めた「お~いお茶」が30周年を迎えたのに合わせて、全国に桜の木を植えるプロジェクトを進めてきました。今年1月下旬から桜をデザインした「お~いお茶」を販売し、その売り上げの一部で桜の植樹が始まりました。参加者は、のいち動物公園の入り口近くにある「さくらの広場」に30本の苗木を植えました。桜は県出身の植物学者=牧野富太郎博士が命名したセンダイヤザクラです。

植えられた桜は、順調にいけば5年後くらいには花を咲かせるということです。

最終更新:4/25(木) 20:40
テレビ高知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事