ここから本文です

静かなブームは本当か!? 男女ツアーで大人気・エピックフラッシュ サブゼロの「ウェート外し」を考えた

4/25(木) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

ヘッドが軽くなるとヘッドスピードはアップする可能性が高くなるが、シャフトのしなりを感じにくくなり、実際やってみるとかなり違和感を感じた。キャロウェイのツアー担当に話を聞くと、外した分の重量はフェース側と、中間部分にジェルを入れて調整しているとのこと。もちろん配分はそれぞれのプロの好みを反映しているそうだ。

後方にあった重量をフェース側に持ってくれば、その分重心が浅くなり、低スピン弾道になりやすくなる。もともと低スピンが魅力のエピックフラッシュサブゼロ、ウェート外しをすれば、“奇跡の一発”は出るかもしれないが、低スピンも度が過ぎるとボールがドロップしてアマチュアゴルファーには扱いにくくなるだろう。ではツアープロのように特別な調整ができない我々はどうしたらいいのか?

フェース近くのソール側に少し、バックフェースのヒール側に少し鉛を貼れば、ツアープロ仕様に近づけることができるようだ。

12グラムを鉛で補うのは、写真のようにかなりの量の鉛を貼る必要があるが、自分の振りやすいヘッド重量に合わせて鉛の量は調整すればいいと思う。いろいろ工夫して最適な量を見つけるといいだろう。

とはいえ、ウェート外しはあくまでもメーカー推奨外の使用法。せっかくの高性能クラブのパフォーマンスが落ちる可能性もある。イレギュラーな改造は破損等も含めて自己責任となるので、試す際はくれぐれもご注意を……。

田島基晴

2/2ページ

最終更新:4/25(木) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事