ここから本文です

ゴーン被告 保釈認める決定 保釈保証金 計15億円に

4/25(木) 16:30配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告について、東京地裁は25日午前、再保釈を認める決定をした。

保釈保証金は5億円。

ゴーン被告をめぐっては、いったん保釈されたものの再逮捕され、オマーンルートの特別背任事件で追起訴されたあと、4月22日、弁護士が保釈を請求していた。

これを受けて、東京地裁は25日午前、保釈保証金5億円で保釈を認める決定をした。

前回の分もあわせて、ゴーン被告の保釈保証金はあわせて15億円。

今回の事件では、日産の資金がキャロル夫人らに還流された疑いもあり、検察側は、証拠隠滅のおそれがあると主張していて、今後、保釈決定を不服として準抗告する見通し。

FNN

最終更新:4/25(木) 16:30
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事