ここから本文です

山寺宏一、『アベンジャーズ』舞台あいさつに声優ポツン 俳優だらけで「大河ドラマみたい」【動画付き】

4/25(木) 19:58配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 声優の山寺宏一が25日、都内で行われた映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(26日公開)のスペシャルスクリーニングで行われた舞台あいさつに登壇。豪華俳優陣が吹替版の声を担当する中、1人だけ声優として登壇した心境を明かした。

 山寺は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズに登場するピーター・クイルの声を担当している。前作から『アベンジャーズ』シリーズに出演しており、「明日から公開で待ちに待った日が来た」と封切りが待ちきれない様子だった。

 同作の吹替版は米倉涼子、加藤浩次(極楽とんぼ)、竹中直人、内田有紀、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)ら名だたる俳優、タレントが声を務める。そんな中、声優として唯一、舞台あいさつに登壇した山寺は「吹替版の舞台あいさつなのに、逆に僕だけ浮いてる感じがする。すごいですよね!」と驚きの表情。「大河ドラマとか、映画(邦画)の舞台あいさつみたい。緊張感がいっぱい」と心境を口にしていた。

 声優界でも同作の話題は尽きないそう。「ここにいないけれども、アベンジャーズに関わってきた、たくさんの声優がいる。その声優同士でも『あれ、どうなるの』ってアベンジャーズシリーズの話をしている。アベンジャーズシリーズに出るのは声優にとって憧れ。そんなたくさんいる声優の代表的な感じで、ここに立たせてくれているのかなと感じております」と責任感を口にしていた。

 そのほか、遠藤憲一、秋元才加が舞台あいさつに登壇した。

 前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)で、最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、半分に消し去られてしまった。失われた35億人の人々と仲間を取り戻す方法はあるのか。わずかな希望を信じて集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちに残されたのは最強の絆だけ。“今はここにいない”仲間のために、最大の逆襲を開始し、同シリーズの完結を迎える。

最終更新:4/25(木) 19:58
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事