ここから本文です

個人データを一掃しよう。デバイスごとのデータ削除ガイド

4/25(木) 20:13配信

ギズモード・ジャパン

デジタル断捨離?

デバイスに家計簿やウェブの検索履歴といった個人データを残しておいたために、他人に見られるなんて事態は避けたいもの。ですが、デバイスやWeb上から自分の活動の痕跡を消し去るのは、思っているよりも面倒な作業です。

【記事の全画像】個人データを一掃しよう。デバイスごとのデータ削除ガイド

あらゆるデバイスやWebアカウントからデータを削除する方法を、米GizmodoのNield記者がまとめてくれました。

スマートフォンとタブレット端末の場合

所有していたスマホやタブレットを売る、姪っ子や甥っ子に譲る、あるいは博物館に寄付する…どういうシナリオにしろ、あなたの所有物でなくなるのなら、データはすべて確実に消しておきたいもの。次の持ち主があなたのTwitterアカウントにログインして、画像を見られるなんて事態は避けたいですからね。

中のデータが暗号化されているなら、スマホから確実に消すのは比較的簡単になります。端末の暗号化は、Android 端末だと2015年のMarshmallow(Android 6.0)以降、iOS端末ではもっと前から標準化されている機能です。端末の解錠にパスコード、顔認証、あるいは指紋認証を使うなら、データは保護されているということ。

暗号化されているということは、スマートフォンやタブレットを出荷時の状態にリセットしたら、誰であろうとデータを復元することは実質的には不可能、モバイル端末からストレージを吸い上げて他のマシンで読み込もうとしても無理ということです。手持ちのAndroid端末の暗号化がオンになっているかどうかは、設定の中の「セキュリティ」>「他のセキュリティ設定」(端末によってメニューは異なるかもしれません)から確認できます。

Android端末を出荷時の設定にリセットするには(もちろん、必要なデータのバックアップをちゃんと取った後ですよ)、設定から「システム」>「詳細設定」>「リセットオプション」>「すべてのデータを消去(出荷時リセット)」をタップします。

iOSユーザーなら、設定を開いて、「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」を選べば、自分のデータがすべて削除された工場出荷時の状態の端末になります。繰り返しますが、このリセットの手順を行なうなら、まずは写真や音楽、必要なデータはすべてどこか安全な場所にちゃんと保存しておきましょう。

1/4ページ

最終更新:4/25(木) 20:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事