ここから本文です

ドローンを狩るドローン。ロシア発の空飛ぶショットガン

4/25(木) 21:15配信

ギズモード・ジャパン

ドローン界のガンシップ現る。

これまでにもドローンを捕獲するためのドローンが登場したり、網を放つキャノン砲が作られたり、一発400万円で小型ドローンを撃ち落とすスティンガー・ミサイルや、既存のグレネード弾と同サイズの投網弾が作られたりと、日進月歩でさまざまな手法が作られている迷惑ドローン対策。

【記事の動画】ドローンを狩るドローン。ロシア発の空飛ぶショットガン

そして現在おそらくもっとも新しく、もっとも過激な対ドローン用ドローンが、ロシアで爆誕しました。

INTERESTING ENGINEERINGによりますと、これはモスクワの軍事企業アルマズ・アンティ社が作った、10発の弾倉を備えたショットガンを搭載したドローン。ショットガンは小さい散弾をたくさんばらまくので、1発の弾丸を打ち出すライフルよりも動き回る標的を撃ち落としやすいのです。

デザインはアルマズ・アンティのモスクワ航空研究所が持つ、学生デザイン局航空モデリング科とのこと。ものぐさな学生が、手抜きで考えたデザインって気がしないでもありませんが…?

とにかく、巻き添えを喰らわないよう離れていないと、デンジャラスが危ないですね。ですが銃身に翼が合体したムダのないデザインと、垂直に離着陸するのはカッコ良いと思います。

もし中国で活躍する火炎放射ドローンと戦ったら、どっちが勝つでしょうか?

Source: Almaz Antey, YouTube via INTERESTING ENGINEERING

岡本玄介

最終更新:4/25(木) 21:15
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事