ここから本文です

「地域猫」の存在...阿武急ヘッドマークに 福島大ねこサークル

4/25(木) 11:14配信

福島民友新聞

 大学キャンパスで暮らす野良猫「大学猫」と学生の共生を目指して活動する学生サークル「福島大ねこサークル」は30日まで、阿武隈急行の先頭車両に、不妊去勢手術を済ませた印に耳の先端を桜の花びらのようにカットした「地域猫」の存在を周知する「ヘッドマーク」を掲げている。
 ヘッドマークは阿武隈急行が昨年、同社の30周年を記念して募集した。同サークルの活動に共感する埼玉県の男性がヘッドマークを掲げる権利を買い取り、サークルに自由に使ってほしいと寄付した。
 ヘッドマークには同大で暮らすメスの猫「お母さん」の写真をあしらい、「さくら耳は不妊手術済みのしるし。地域猫として生きること」とメッセージを記載した。

最終更新:4/25(木) 11:14
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事