ここから本文です

世界卓球 平野美宇 前回女王・丁寧を崩せず 準々決勝で力尽きる

4/25(木) 23:49配信

テレビ東京スポーツ

「世界卓球2019ハンガリー」<4月21~28日/ハンガリー・ブダペスト>25日の大会5日目は女子シングルス準々決勝が行われ、世界ランク9位の平野美宇(日本生命)は同1位の前回女王・丁寧(中国)と対戦した。

【動画】世界卓球2019 女子シングルス準々決勝 丁寧vs平野美宇

3度の優勝経験を誇る最強の相手に、平野は身上の回転の速い前陣連続ドライブ攻撃で真っ向勝負を挑む。ピッチの速さは丁寧をしのぎ、170cmを超える身体が泳ぐシーンも見られるも、丁寧の完成度の高い両ハンドを前に1ゲーム目を落とす。

2ゲーム目、平野はフォアハンドのストレートで左利きの丁寧のフォア側を一発で抜くなど、キレのあるドライブを連発して女王を追い詰める。さらに丁寧のサービスをバックハンドであっさり持っていくシーンも見られ、4点で平野がゲームを取り1-1に。

しかしそのいい流れは、3ゲーム目で絶たれる。丁寧が少し長いサービスを出して平野のレシーブを混乱させるのに対し、平野は序盤から2本のサービスミスが出るなど大量リードを許し、わずか2点しか取れずにゲームを落としてしまう。次のゲームの平野はフォアに回り込んでのチキータレシーブを続けて応戦するも、一歩届かずゲームカウント1-3に。

第5ゲームの平野は「ハリケーン」の異名通り、先に攻めて丁寧を振り回す攻めに立ち戻るが、リスクの高い戦法ゆえにどうしても先にミスが出てしまい、マッチポイントに追い込まれる。

しかし平野はそこからロビングを打ち抜き、左右に打ち分けるドライブで9点まで追い詰める最後の抵抗を見せるも、最後はチキータをネットミス。女王を崩すには至らず、2年前と同じように、1ゲームを奪うにとどまった平野。悔しい負け方でブダペストを去ることになった。

【世界卓球2019ハンガリー】
<女子シングルス準々決勝>
平野美宇 1-4 丁寧
8-11/11-4/2-11/7-11/9-11

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:4/26(金) 3:44
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事