ここから本文です

『スーパーマリオメーカー2』の発売日が6月28日に決定。Nintendo Switchでさらに自由なマリオが制作可能に

4/25(木) 9:36配信

電ファミニコゲーマー

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『スーパーマリオメーカー2』を6月28日に発売すると発表した。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 同作は『スーパーマリオ』シリーズのステージを自由に作ることができる『スーパーマリオメーカー』の続編タイトル。前作はWii Uで2015年に発売され高評価を得て、さらにニンテンドー3DS版『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』もリリースされた。

 インターネットを介して自分が作ったステージをアップロードして別のプレイヤーに遊んでもらうことができるほか、逆に人が作ったステージを遊ぶだけではなく、自由にアレンジしたりすることもできる。ただし、アップロードできるのは自分がクリアできたステージのみであるのも特徴となっている。

 続編となる今作では、前作『スーパーマリオメーカー』からさまざまな敵キャラ、オブジェクトが追加。特に大きいのはWii Uで発売された『スーパーマリオ 3Dワールド』をイメージしたステージを制作できることだ。「スーパーベル」からの「ネコマリオ」への変身、敵キャラの「アリへい」が追加、さらに「とうめい土管」が使用できる。このほかにも『スーパーマリオブラザーズ3』の砂漠ステージでどこまでもマリオを追いかけ回す敵キャラ「太陽」、『スーパーマリオワールド』に登場した水中からマリオを追いかる敵キャラ「フグマンネン」も搭載できるようになるようだ。

 またフグマンネンに関わってくるが、水中ステージ以外の地上ステージにも水を追加可能に。水位も細かく設定できるようで、これによって『スーパーマリオワールド』のステージをより再現することができるだろう。また急勾配な坂や緩やかな坂が制作可能で、そこにマリオが坂をすべるアクションができる。もちろん敵を一緒に配置すれば、倒すこともできる。

 システム面では、オブジェクト関係でONとOFFスイッチが追加されたことが大きい。これでアクションだけではない、頭を使った謎解きステージも作れそうだ。マリオが乗ると動き出すスネークブロックや、マリオの乗ると傾く足場も追加できる。今回は強制スクロールの速度も変えれるようで、それに合わせて歯応えのあるユニークな空中ステージが作れるだろう。

 なお『スーパーマリオメーカー2』では、「Nintendo Switch Online個人プラン12か月利用券」が付いた、お得な『スーパーマリオメーカー 2 はじめてのオンラインセット』も同日発売する。これはダウンロード版では、ニンテンドーeショップでの購入時や、ダウンロードカード(番号)の引き換え時に、Nintendo Switch Onlineの登録用番号が表示されるという。

 早期購入特典は数量限定の「Nintendo Switch タッチペン」、パッケージ版では各店舗で引き換え、ダウンロード版ではクーポンコードを配布する。詳しくは公式サイトを確認して欲しい。

ライター/福山幸司

電ファミニコゲーマー:福山幸司

最終更新:4/25(木) 9:36
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事