ここから本文です

「育てないと責任問題」―ロッテ川越投手コーチが期待をかける若手投手とは

4/25(木) 14:39配信

Full-Count

川越投手コーチが上位進出の鍵を握る若手投手の現状と課題を語る

 24日現在でパ・リーグ最下位に沈むロッテ。打撃陣の不調に加え、先発ローテーション投手が相次いで離脱するなど、苦しい出だしとなった。そんな中、6年目23歳の二木康太投手や、5年目22歳の岩下大輝投手、中継ぎで好投している3年目20歳の種市篤暉投手ら、若手がアピールを見せている。昨年まで2軍投手コーチを務め、今季から1軍投手コーチに就任した川越英隆投手コーチに、若手投手陣について聞いた。

【写真】「あ~かっこいい」…藤原と種市の“私服2ショット”にファンからは絶賛の嵐

 二木は2016、17年シーズンに7勝を挙げたが、昨季は4勝にとどまった。17年の好成績で守りに入ってしまったことが昨季不振の要因だと川越コーチは見ている。

「もっと上を目指してやらなきゃいけないのに、今の状態を維持しようとしているように見えました。もっと上に行けるのに欲がない。『僕はちゃんとやってきました』という感じに見えたので『このままじゃ絶対無理だよ』と言いました。前の年と同じやり方では進歩がない。満足しているわけではないと思いますが、二木は『自分はこれでいいです』となりがちです」

 奮起を期待した今季だったが、開幕ローテーション入りを逃した。

「調子もいいとは言えなかったし、もっと上げてもらいたかった。開幕ローテーションに入れなくて、悔しい思いをしたと思います。ここまではいいピッチングをしてくれている。1軍にいて投げているからと守りに入らず、レベルを上げるために、いろいろなことにトライしてほしいです」

 昨季初の1軍昇格を果たし、初勝利も挙げた岩下は、17日のソフトバンク戦で6回1安打無失点と好投。早くも今季初勝利を挙げた。24日の西武戦では山川に2本塁打を浴びるなど6回4失点で今季初黒星を喫したが、故障が完治し、フォームが安定したことが大きいと川越コーチは好調の理由を話す。さらなる活躍が期待される今シーズンだが、岩下も開幕1軍を逃した。

「去年いい経験をしたので、今年は開幕1軍にいなくちゃいけなかった。それなのに、キャンプで見た時はボールも投球フォームも去年のいい時とは雲泥の差で『自主トレで何をやってきたんだ』と思いました。『これでは無理だな』と思いながら見ていましたが、やっぱり調子が上がってこなかった。『今年はいける』と思いながらやってきたところがあると思います。でも、そんなに甘くない。去年と同じ入り方をしたと思いますが、そこで失敗している。さらに上を目指さなくてはいけません」

 シーズン通して体力とメンタルを維持することが今後の課題になってくるという。

「1年間ローテーションを守るのが一番大変だと思います。そのため、疲れたら休んでしまいがちですが、その先を見ないといけない。そこでさらにトレーニングをすることで、その先まで行ける。二木同様、まだ若く伸びる時期なので、現状に満足せずに取り組んでほしいです」

1/2ページ

最終更新:4/25(木) 14:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(金) 18:00

あなたにおすすめの記事