ここから本文です

阿部寛「結婚できない男」13年ぶり続編制作が決定!

4/26(金) 5:00配信

シネマトゥデイ

 2006年の7月~9月にかけて放送された阿部寛主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ/フジテレビ系)の続編が、10月期の火曜9時ドラマ枠で放送されることが決定した。前作から13年が経ち、53歳になっても独身を貫く主人公・桑野信介(くわの・しんすけ)を演じる阿部は「随分長い間結婚してなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と撮影を心待ちにしながら「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」と意気込みを語っている。

【画像】13年前の阿部ちゃん!前作「結婚できない男」

 「結婚できない男」は、腕は一流だが、偏屈で独善的で皮肉屋の建築家・桑野が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常をコミカルに描いた作品。一人が大好きで、料理・掃除・洗濯も得意。「結婚なんてメリットがない」と、おひとりさまライフを満喫する桑野の姿は、2006年当時の“未婚”に対する斬新な捉え方を提示し、大きな話題となった。

 続編の桑野は、以前と同じマンションに暮らし、スマートスピーカーといった最新機器に囲まれ、独身生活を謳歌(おうか)中。自身の担当医だった早坂夏美とは交際まで発展したものの破局し、恋愛への気持ちは再び固く閉ざされた。この13年で日本は晩婚化が進み、男女ともに生涯未婚率も高まる一方、健康寿命は世界一で“人生100年時代”が叫ばれるように。50代でなお折り返しの人生に、ほんの少し不安を感じる桑野の運命が、女性たちとの出会いによって再び動きはじめる。

 不器用ながらも、常に一生懸命でどこか憎めない桑野との再会に、阿部は「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」と愛情をにじませる。 脚本の尾崎将也をはじめ、演出の三宅喜重、小松隆志、植田尚と前作のスタッフが再結集。おひとりさまに向けた、本音さく裂のドラマが再び幕を開ける。(編集部・入倉功一)

ドラマ「結婚できない男」続編(タイトル未定)は2019年10月期放送 毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)※初回放送日未定

最終更新:4/26(金) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事