ここから本文です

明石バック宙ホームイン 負けじ曲芸美技の今宮に聞く【タカ番記者の好球筆打】

4/26(金) 9:46配信 有料

西日本スポーツ

延長10回2死一、二塁、福田の打球を好捕し、二塁で封殺する今宮

 ◆ソフトバンク3-0オリックス(25日・ヤフオクドーム)

 入団以来、いつかはやりたいと言っていたサヨナラ弾後のバック宙。まさか本当にお披露目するとは思ってもみなかったから、驚きでしかない。しかも、まるで体操選手かのような伸身の宙返りだったもんだから、思わず感嘆の声が出た。

 結果的にクローズアップされるのは、ど派手な演出でチームを劇勝に導いた明石と、新人のデビューからの連続試合無失点記録を更新した甲斐野になるだろう。もちろん、9回途中まで無失点投球を続けながら、またも今季初勝利を手にできなかった先発大竹にも焦点は当てられるべきだ。

 しかし、今季2度目のサヨナラ勝利を呼び込んだ守備でのビッグプレーも忘れてはならない。延長10回の今宮だ。2死一、二塁のピンチで、1番福田が放った中前に抜けそうな打球をスライディングしながらワンバウンドキャッチ。ここまでは普通のプレーだが、今宮はここからがすごい。 本文:1,039文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:4/26(金) 9:46
西日本スポーツ