ここから本文です

窪田正孝、念願のボクサー役 三池崇史監督のラブストーリー『初恋』来年公開

4/26(金) 5:00配信

シネマトゥデイ

 窪田正孝の主演映画『初恋』が2020年より公開されることが26日、東映より発表された。窪田が演じるのは、負けるはずのない相手との試合でKO負けしたことから人生の歯車を狂わせていくプロボクサー。『無限の住人』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』などの三池崇史がメガホンをとるオリジナル企画のラブストーリーで、現地時間5月14日より開催される第72回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に出品されている。

【写真】傷だらけの窪田正孝!蜷川実花監督の新作で殺し屋に

 現在放送中の月9「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」のほか、主演映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』(7月19日公開)の公開を控え、2020年度前期放送のNHK連続テレビ小説「エール」の主演も決定し、飛ぶ鳥落とす勢いの窪田。三池監督とは2008年放送のテレビシリーズ「ケータイ捜査官7」(テレビ東京系)のオーディションで初対面したと言い、「現場で監督が演出する1カット1カットがとにかく面白くて、その魅力に、その空間にしがみついて役を生きていたいと当時感じたのを思い出しました」と当時を回想。

 稀有な才能を持つプロボクサー、葛城レオ役で三池ワールドに挑んだ心境を以下のように明かしている。「挑戦してみたかったボクサー役。もう一度、面と向かって監督とセッションできたのは本当に幸せな時間でした。本当に底知れない人間的魅力、チカラ、器が三池監督にはあるのだと思います。話してると普通の大阪のオッサンなのに。笑」

 プロデューサーに、『十三人の刺客』『一命』『無限の住人』などに参加してきたジェレミー・トーマス、坂美佐子が名を連ねる。(編集部・石井百合子)

最終更新:4/26(金) 5:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事