ここから本文です

【オグリキャップ記念】カツゲキキトキトは六甲盃を次の目標に 大畑雅章騎手「これからもカツゲキキトキトの応援を」

4/26(金) 11:32配信

netkeiba.com

 25日、笠松競馬場で行われた第28回オグリキャップ記念(4歳上・ダ2500m・1着賞金1000万円)は、2番手でレースを進めた大畑雅章騎手騎乗の2番人気カツゲキキトキト(牡6、愛知・錦見勇夫厩舎)が、最後の3~4コーナーで先頭に立って、直線では内の3番人気メイショウオオゼキ(セ9、兵庫・新子雅司厩舎)と叩き合い、これをアタマ差下して優勝した。勝ちタイムは2分44秒1(重)。

【写真】カツゲキキトキトこれまでの軌跡

【大畑雅章騎手のコメント】
「休み明け(1/4日 名古屋記念以来)ではあったんですが、順調に乗れていたので心配ないと思っていました。

 ハナに行こうと思っていたんですが、思った馬が行かなかったので、二番手で折り合いに専念することにしました。ハナにいった馬は放っておいていいかなと思い、あとは後ろからの馬たちを気にしていました。

 (2着のメイショウオオゼキが)まさか内から来るとは思ってなかったので、ちょっとヒヤッとしました。

 これからも1戦1戦大事に使っていきたいと思います。これからもカツゲキキトキトの応援をどうぞよろしくお願いします。

【錦見勇夫調教師】
「今日は、休み明けとは言っても乗り込みは休みなく行ってきていたので。ただ、追い切りはちょっと短めだったし、もう1本足りない感じではありました。道中ちょっとペースが遅くて掛かりましたが、改めて力の違いを感じました。

 脚元には問題はありません。今日のレース後もそういうそぶりはないですし。この馬は、脚元が悪いときはそれを態度に表しますから。冬場の堅い馬場はあまり良くないんですが、今は大丈夫です。

 次の目標は六甲盃(6/14金 園田2400m)ですが、その前に地元名古屋を使いたいと思っています。その名古屋は木之前葵騎手で行きます」

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

最終更新:4/26(金) 11:32
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事