ここから本文です

アルファロメオ、新型電子制御を1戦遅れで導入。ジョビナッツィは10グリッド降格

4/26(金) 11:13配信

motorsport.com 日本版

 F1バーレーンGPでシャルル・ルクレール(フェラーリ)のコントロールエレクトロニクス(CE)にトラブルが発生したことにより、フェラーリとそのカスタマーチームであるハース、アルファロメオは新スペックのCEユニットに交換することとなった。

【ギャラリー】過去3年でSC5回……今年も荒れる? アゼルバイジャンGP、歴代ウイナーを振り返る

 ただユニットの到着が比較的遅かったことで、アルファロメオだけは中国GP中の取り付けを見送っていたが、その結果、予選でアントニオ・ジョビナッツィのマシンにルクレールと同様の問題が発生してしまい、タイムを計測することができなかった。

 アルファロメオのチーム代表、フレデリック・バスールはこの件に関する全責任を負うと述べ、アゼルバイジャンで新しいCEを投入すると約束した。

 中国GPを終えてチームは、CEの交換に先立ち、スイスのヒンウィルにある拠点で配線などの修正作業にあたった。

 ジョビナッツィは中国GPの決勝において、旧スペックの新品CEを使用した。つまり、アゼルバイジャンで投入される新スペックのCEは彼にとって3基目となり、レギュレーションで定められている年間使用数をオーバーすることとなる。これにより、ジョビナッツィにはアゼルバイジャンGPで10グリッド降格ペナルティが科せられる。

 対してチームメイトのキミ・ライコネンは、なんとか1基のCEで3レースを消化することができた。しかしながら、ライコネンはフェラーリ、ハースの面々と同じく2基目のCEを投入するため、今後ペナルティを受ける危険性が十分にあると言える。

Adam Cooper

最終更新:4/26(金) 11:13
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事