ここから本文です

レッドブル・ホンダ、メルセデス、フェラーリ……今季後半は三つ巴の争いに? セバスチャン・ベッテルの予想

4/26(金) 12:49配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今季のタイトル争いが、メルセデスとの一騎打ちではなく、レッドブル・ホンダも加えた3チームによる三つ巴の戦いになるはずだと考えていると語った。

【ランキング】第3戦終了時のF1ドライバーズランキング。ベッテルは現在4番手

 開幕前はタイトルの最有力候補であると考えられていたフェラーリ。しかし蓋を開けてみれば、メルセデスが3戦連続での1-2フィニッシュを達成。ベッテルは第3戦中国GPでようやくシーズン初表彰台を獲得したものの、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにも先行されており、現在ランキング4位。しかもチームメイトでフェラーリ新加入のシャルル・ルクレールに1ポイント差に接近されている。

 そんな状況はベッテルにとって驚くべきことなのか? それを尋ねられると、ベッテルは次のように語った。

「テストを終え、シーズンに入るとき、僕らはとても良い形のように見えたと思う。でも、それを逃してしまった。メルセデスもとても強く見えたし、レッドブルもそうだった。だから、3チームによる戦いになると予想していたんだ。でも、ここまではそうなっていない」

 そう当初の予想を披露するベッテルは、今後のレッドブルの進化に警戒している。

「シーズンが進んでいくにつれ、レッドブルもライバル候補のひとつになるのは間違いないと僕は思う。彼らは通常、シーズンを通じて自分たちのクルマを開発し、ペースとパフォーマンスを向上させてくる。今シーズン、彼らはまともなスタートを切ったから、もっと強くなっていくと思うよ」

 最初の3レース、良いレースをすることができなかったベッテル。しかし、ここからの巻き返しについて自信を含ませた。

「簡単なことだ。もし全てのレースに勝つことができれば、チャンピオンになれる。最初の3レースは明らかに、僕らはうまくやることができなかった。でも、うまくいけば残りの18レースでそれができるだろう。そうなれば、計算が単純になるだろうね」

「どうなるか様子を見よう。競争はとても激しく、最初の3レースはうまくいかなかった。メルセデスは、彼らが期待した以上の結果を手にしたかもしれない。それもまた、彼らの強みだ。しかし、この状況を好転できるかどうかは、僕らと、そしてライバルたち次第……だから僕らは、状況を好転させようとしている」

Additional reporting by Christian Nimmervoll

最終更新:4/26(金) 12:49
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事