ここから本文です

【GW2019】短い周期で天気が変化、初日は北海道で積雪

4/26(金) 17:15配信

リセマム

 ウェザーニューズは2019年4月26日、ゴールデンウィークの天気予報を発表した。10連休は短い周期で天気が変化し、晴天の日が続くところは少ないと予想される。4月27日は、北海道から東北北部の市街地や本州中部の山で雪の降るところがありそうだという。

積雪の予想

 ゴールデンウィーク10連休は、低気圧や湿った空気、寒気などの影響を受ける日があり、晴天の日が続くところは少ない予想。連休初日の4月27日は、東日本や北日本で雨が降る見込み。上空の寒気が南下する影響で気温が下がり、北海道から東北北部の市街地や本州中部の山では積雪の可能性がある。予想される積雪量は、4月27日夕方までに北海道の道東を中心に2~5センチ、内陸や山沿いでは10センチ前後、北海道の道央や道南、東北北部でも内陸部で数センチ程度、山間部では10センチを超える雪が積もるおそれがある。

 4月28日以降も各地で曇りや雨の日がある予想だが、大荒れの天気となる可能性は低いという。気温が平年を大きく上回る日は少なく、極端な暑さにはならないと見込まれる。ただし、連休初めごろと中ごろ以降に、東日本や北日本ではこの時期としては気温がかなり低い日もあると予想される。寒暖の差があるため、体調管理に気を付けたい。

 天気の最新情報は、ウェザーニュースのWebサイト「天気予報Ch.」や天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認できる。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:4/26(金) 17:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事