ここから本文です

韓国 けさのニュース(4月26日)

4/26(金) 10:16配信

聯合ニュース

◇与野党が国会で夜通しもみ合い 負傷者続出

 選挙制度改革などに関する法案の迅速処理案件指定を巡り、与党「共に民主党」などと指定に反対する最大野党「自由韓国党」が25日午後から26日早朝にかけて夜通しもみ合った。自由韓国党議員が国会内の会議場など各所を占拠、法案提出を試みた共に民主党議員と激しく衝突し、負傷者も続出した。

◇金正恩氏 プーチン氏に「朝鮮半島の平和、米国の態度に左右」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は26日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が25日にロシアのプーチン大統領と行った首脳会談で、「朝鮮半島の平和と安全は全面的に米国の今後の態度に左右される」と述べたと報じた。金委員長は、物別れに終わった2月末の米朝首脳会談を取り上げ、「米国が一方的で非善意的な態度を取ったことで、最近の朝鮮半島や地域情勢はこう着状態に陥った」と述べた上で、「われわれはあらゆる状況に備える」と強調したという。

◇薬物使用容疑のユチョンさん きょう令状審査

 薬物を使用した疑いが持たれている歌手で俳優のユチョンさん(32)に対する事前拘束令状の発付可否を決める審査が、26日午後2時半ごろから水原地裁で行われる。同令状は逮捕状の請求前に容疑者の身柄を確保できるようにするためのもの。拘束の可否はこの日夜ごろ決定する見通しだ。ユチョンさんは今年2~3月、元交際相手のファン・ハナ容疑者(薬物を使用した容疑で逮捕・送検済み)と3回にわたり覚せい剤を購入し、その一部を5回に分けて使用した疑いが持たれている。

◇半導体不振も…輸出寄与度は依然圧倒的トップ

 今年に入り半導体メモリーの世界市場の下落基調が鮮明になっているが、韓国半導体産業の輸出に対する寄与度は依然として圧倒的に大きい。業界によると、1~3月期の半導体輸出額は231億9900万ドル(約2兆6000億円)で、前年同期比21.3%減少した。だが、同期間の輸出総額(1326億9900万ドル)に占める割合は17.5%と、輸出品目のうち最も高かった。2番目に割合が高い一般機械(9.7%)の2倍近くに達する。これは韓国経済の半導体依存の深刻さを改めて示すもので、主力輸出品の多角化が急務との指摘もある。

最終更新:4/26(金) 10:16
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事