ここから本文です

チリを中国企業の中南米事業拠点に、訪中のピネラ大統領が誘致

4/26(金) 10:28配信

ロイター

[25日 ロイター] - チリのピネラ大統領は25日、中国での投資フォーラムで、中国企業が中南米地域での事業の拠点としてチリを利用することを望むと述べた。

チリ政府の声明によると、同大統領は北京で行われた投資・革新フォーラムで、中国の投資家に対し「中国企業が中南米地域全体へアクセスできるよう、チリをビジネスセンターに転換させたい」と語った。

また、テクノロジー、電気自動車(EV)、通信、電子商取引といった分野の中国企業からの投資促進を目指す方針を示した。

ピネラ大統領は、比亜迪(BYD)<002594.SZ>や宇通など複数の中国EVメーカーや、中国配車サービス大手、滴滴出行の幹部らと会談した。

今回の訪問中に、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の幹部と会談するかどうかは現時点で明らかではない。チリは太平洋横断光ファイバー・ケーブルやその他のプロジェクトについて少なくとも2017年から、ファーウェイと協議を行っている。

最終更新:4/26(金) 10:32
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事