ここから本文です

薬物使用容疑のユチョンさん 拘束令状審査に出席=質問に無言

4/26(金) 15:21配信

聯合ニュース

【水原聯合ニュース】薬物を使用した疑いが持たれている韓国の歌手兼俳優のユチョンさん(32)が26日午後、自身に対する事前拘束令状の発付可否を決める審査のため水原地裁を訪れた。

 同令状は逮捕状の請求前に容疑者の身柄を確保できるようにするためのもの。ユチョンさんはノーネクタイのスーツ姿で、髪の毛は先ごろ警察に出頭した時とは異なり脱色したような薄い茶色だった。「薬物を使用していないと主張したが、なぜ陽性反応が出たのか」「購入した薬物は全て使用したのか」といった報道陣の矢継ぎ早の質問に何も答えず、建物内に入った。拘束の可否はこの日午後遅くに決定する見通しだ。

 ユチョンさんは今年2~3月、元交際相手のファン・ハナ容疑者(薬物を使用した容疑で逮捕・送検済み)と3回にわたり覚せい剤を購入し、その一部を5回に分けて使用した疑いが持たれている。

 警察は23日、ユチョンさんの体毛から覚せい剤の成分が検出されたという国立科学捜査研究院の検査結果などを基に、ユチョンさんに対する事前拘束令状請求を検察に要請。検察は同じ日、麻薬類管理に関する法律違反の容疑で水原地裁に事前拘束令状を請求した。

 ユチョンさん側はこの検査結果が出た後も、一貫して容疑を否認している。弁護士は25日、「薬物を使用しなかったという依頼人(ユチョンさん)の立場には変わりない」と伝えた。

 ファン容疑者は大手乳業会社・南陽乳業創業者の孫。ユチョンさんは2017年4月、ファン容疑者と結婚すると発表したが、翌年破局している。

最終更新:4/26(金) 15:21
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事