ここから本文です

立川志らく、韓国国会議長のセクハラ問題に憤慨「日本のことをなんだかんだ言って欲しくない」

4/26(金) 11:39配信

スポーツ報知

 26日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で今年2月に「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」と発言した韓国の文喜相国会議長について、女性国会議員に対するセクハラ騒動が起きていることを報じた。

【写真】パク・ユチョンに逮捕状請求

 番組では騒動を報じる産経新聞の記事を紹介。それによると、今回の騒動は、韓国国会で24日に選挙法などの処理案件指定をめぐり、法案成立に反対する保守系最大野党、自由韓国党の議員らが文氏の議長室を訪れて抗議し、この時、文氏が女性議員の腹部を両手で触ったという。

 文氏は謝罪の意思を示しているが、女性議員は精神的ショックを訴え入院。同党は文氏を告発する構えだ。一方の文氏も批判にショックを受けたとし入院中で「低血糖ショック」の症状が出ているという。

 今回の騒動にコメンテーターで落語家の立川志らくは「こんなセクハラを平気でするような、こういう人に日本の天皇陛下のことをなんだかんだ言って欲しくないですね。結局、自分が謝罪することになっちゃって、しょうがない」とコメントしていた。

最終更新:4/26(金) 11:49
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事