ここから本文です

ドラゴンズファンからメジャー菊池雄星投手に贈る応援歌

4/26(金) 10:10配信

CBCテレビ

海の向こうで投げるひとりの投手が気になっている。シアトル・マリナーズの菊池雄星投手である。

日本のプロ野球ペナントレースも開幕して1か月。
多くの野球評論家が最下位と予想した中日ドラゴンズ、しかし現時点は一転、その健闘ぶりが注目されている。原動力のひとつは投手陣の頑張りであろう。
先発ローテーション投手たちはゲームを作り、昨シーズン救援防御率4.93、逆転負け実に38試合と“崩壊”したリリーフ陣もがんばっている。
やはり22年前に広いナゴヤドームに移ってからのドラゴンズ野球には、投手陣の整備が必要不可欠なのだろう。

菊池投手ドラフトで人気殺到

そのドラゴンズと菊池雄星投手の接点は、ちょうど10年前、2009年(平成21年)のドラフト会議である。
1位指名は岩手県花巻東高等学校の左腕エース菊池投手に殺到し、ドラゴンズはじめ6球団が入札した。抽選の結果、埼玉西武ライオンズが菊池投手を獲得した。
ちなみにドラゴンズは、智弁和歌山高等学校の同じく左腕、岡田俊哉投手を獲得した。背番号「21」、けがに苦しみながらも貴重な中継ぎ投手である。

ドラゴンズが逃した選手たち

我が身を振り返ってもファンというものは勝手なものであり、「逃がした大魚」についてはどうしても忘れたい気持ちが働く。ドラフト会議で1位指名入札したものの獲得できなかった選手の記憶を自ずから薄め、代わりに指名して入団した選手を応援したくなるのは人情だろう。
1985年(昭和60年)の清原和博選手、1992年(平成4年)の松井秀喜選手、それぞれドラフト1位の抽選で外したことは覚えているものの、紀田彰一、河内貴哉、そして寺原隼人らの高校選手を1位指名して獲得できなかったことは、今回あらためて思い出したほど遠い記憶になっている。2018年ドラフトで高校球界のスーパースター根尾昂選手を見事に獲得できたことの喜びも、それに拍車をかけたのであろうが。

驚きの「雄星ノート」

この春、ドラゴンズとは縁のなかった菊池雄星という投手にあらためて注目したことには理由がある。3月末に出版された1冊の本だ。タイトルは『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋刊)。その名の通り、菊池投手が書き綴ってきた日記などをまとめた本である。
冒頭で菊池投手は、「書く」ということが自分の人生の中心にあると語り、中学2年生の冬から日記的なノートを書き始めたと明かしている。練習に明け暮れる野球選手が文章を書き続けてきたことにも驚くが、本では14年間にわたって綴られた野球ノートが写真によって紹介されている。
「必ず日記を書く時間帯があり、そこから逆算してスケジュールを立てる」との言葉通り、「菊池雄星」という投手が自分の野球人生を“構築”していく姿そのものが、律儀な書体の文章からあふれ出ている。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 10:10
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事