ここから本文です

ルノー カングー 初代モデルのミニチュアカーが登場

4/26(金) 14:06配信

オートックワン

ルノー カングー 初代後期型の1/43ミニチュアカーが登場

株式会社三栄はルノー「カングー」初代後期型の1/43ミニチュアカーの事前予約を2019年4月26日より開始した。発売は同年5月20日となり、価格は9980円(税抜き)。

■カングーオーナーあるある!? こだわりが細かすぎるミニカーを画像で見る(19枚)

初代カングーは商用車として活躍したエクスプレスの後継モデルとして、商用車を想定した広い空間を持ちながら、同時にレジャー用途へも配慮し、1997年に発表された。
今回モデル化したのはフェイスが変更され、2003年にマイナーチェンジを果たした後期型である。今なお人気が高い「後期型」「日本仕様」にこだわりモデル化が行われた。

オーナーにはわかる! こだわりのパーツ紹介

■色
純正カラーとマッチングし、極めて近い色を再現した。またモデル製作の参考とした最終2007年型の仕様を忠実に再現。メタリックモデルのみカラードバンパー仕様となっており、モデル化にあたってもこれに沿った。
■エンブレム
ルノー車である証のエンブレムをフロント、リアともに別体メッキパーツで再現。
■ワイパー
運転席が本国仕様とは異なり右側になるため、日本仕様はワイパーの取り付け向きも逆となる。
■ボンネット
後期型の特徴でもあるボンネットのセンタープレスやヘッドライトのラインを忠実に再現。
■ヘッドライト&ウインカー
ウインカーをヘッドライトカバーの中で再現しているためうっすらとオレンジ色のライトが見える。
■バンパー下エアインテーク
表現が難しいフロントバンパー下のエアインテークは塗装ではなく、実車同様にスリットで構造を再現している。
■アンテナ
1/43ディティールながら細くまっすぐなシルエットを実現した。
■サイドミラー
細かな塗り分けにより、根元とサイドミラーの取り付け部分の食い込みを再現した。
■バンパー留め具やサイドウォールリブ
スケーリング作業で簡略されがちな留め具やリブも、カングーの愛らしいデザインを構成する要素として再現。
■ダブルバックドア
カングーの特徴的な外観のひとつであるダブルバックドアを再現。後退灯とリアフォグランプを塗り分けはオーナーでないとわからないこだわり。
■ホイール
ホイールカバーの中に見える黒いスチールホイールの作り込みがわかる。
■インパネ周り
日本仕様なので右ハンドルだ。インテリアは外からは見えにくいが、窓越しに見える姿まで細部までこだわった。1/43スケールながらステアリングコラム、エンブレム、計器類、オーディオスイッチ、オーディオインジケーター、ハザードランプ、エアコン吹き出し口を再現。
■シートカバー
シートや肘かけには柄のプリントを施している。
■シートベルト
シートベルトの金属質の金具や留め具のボタンも作り込まれている。
■フレーム
カングーのインテリアの特徴であるむき出しのフレームを再現。
■シリアルナンバー
通常生産品ではなく、モーターファン別冊ニューモデル速報インポート監修の特注品であることを示すシリアルナンバーが入る。生産台数はイメージカラーの黄色が700個。そのほかの青・白・赤の限定色は各100個ずつの貴重なモデルとなる。

商品概要

■商品名:1/43 ルノー・カングー 初代後期型(サンエイホビー特注ミニカー ニューモデル速報インポート編集部監修)
■モデル:ルノー・カングー1.6 2007年モデル
■製造数:イエロー(700個)/ブルー(100個)/ホワイト(100個)/レッド(100個)
■メーカー:スパーク
■スケール:1/43
■材質:レジン
■価格:9980円(税抜)
■発売日:2019年5月20日
■先行予約開始日:2019年4月26日
■先行発売日:2019年5月19日(山梨県の山中湖交流プラザ「きらら」にて開催の「カングージャンボリー2019」にて)

オートックワン編集部

最終更新:4/26(金) 14:06
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事