ここから本文です

錦織らバルセロナOP8強出揃う、昨年準Vチチパスは3回戦敗退<男子テニス>

4/26(金) 11:02配信

tennis365.net

バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル

男子テニスのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は25日にシングルス3回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

【錦織vsカルバレス バエナ 1ポイント速報】

第4シードの錦織圭は、今年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で4強入りするなどの活躍を見せた第16シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)をストレートで退けて8強入り。準々決勝では、世界ランク104位のR・カルバレス バエナ(スペイン)と対戦する。

カルバレス バエナは予選で敗退するも、ラッキールーザーで本戦入り。3回戦では、今月のフェイズ・サロフィム&Co. 米男子クレーコート選手権(アメリカ/ヒューストン 、クレー、ATP250)でツアー初優勝を果たした世界ランク48位のC・ガリン(チリ)をストレートで下している。

同日の3回戦では第1シードのR・ナダル(スペイン)、第3シードのD・ティーム(オーストリア)、第7シードのD・メドヴェデフ(ロシア)らがベスト8へ駒を進めたが、昨年準優勝で第5シードのS・チチパス(ギリシャ)と第13シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は敗れた。

最終更新:4/26(金) 11:25
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事