ここから本文です

「世の中の役に立つ」プロレス、子どもたちと共に 東京・板橋のご当地団体

4/26(金) 21:33配信

AFPBB News

【4月26日 AFPBB News】「まだまだー! 君の力はこんなもんじゃないぞ。もう1回」プロレスラーが、体の下に組み敷いた男児に向かって叫ぶ。

【関連写真(全15枚)】地域に浸透「いたばしプロレスリング」

「ワン、ツー、スリー !」。カウントを取り始めると、男児は自分の3倍はあろうかと思われる巨体のレスラーを勢いつけて跳ね返した。フォールの体勢から逃れるプロレス技の「キックアウト」だ。3度目にしてやっと成功させた瞬間、応援していた周囲の児童からも大歓声が沸き起こった。

 東京・板橋区の板橋第五小学校体育館で2月下旬に行われた、「キッズプロレス体験教室」。小学1年生から6年生まで男女25人と保護者17人が参加した。同区に拠点を置く「いたばしプロレスリング(いたプロ)」所属レスラー4人が、プロレスの基本動作や投げ技を指導した。

 体験教室を締めくくるレスラー対「板五小チーム」の押し出しゲームでは、父親らの助けを借りた児童がレスラーを圧倒した。

「みんなで力を合わせると強い。その力で困った人を助けてあげよう。『やっつけてやろう』ではだめだよ」。いたばしプロレスリング代表のはやて(Hayate)さん(54)は、レスラーに体当たりして興奮気味の子どもたちに、諭すように話した。

■プロレス技にメッセージ

 いじめや学級崩壊といった深刻な事態に至らなくとも、集団による「いじり」やいたずら心で相手にケガをさせるなど、さまざまなことが起こりうるのが子どもの閉じられた世界だ。子どもたちは、仲間うちで形成した序列や力関係の中で解決に走ることも少なくない。周囲の大人たちの助言を軽視する子もいれば、相談することをあきらめてしまう子もいる。

「君たちがのびのび暮らせるように守っているのが大人だ。強い大人は、いじめたりしない」。はやてさんは、頼れる大人の存在感を子どもたちに示そうと、父親たちの参加を呼びかけた。

 指導するプロレス技にも、メッセージを込めた。弱い力でも効果的に使えば相手を投げ飛ばす威力があるメキシコの技「ラティゴ」、何度でも立ち向かうあきらめない心がものを言うキックアウト、そして、相撲に似た押し出しゲームは、団結して力を合わせることだ。

 昨今は、「ご当地プロレス」が全国各地で創設され、ちょっとしたプロレスブームだ。旗揚げから5年目のいたプロが異彩を放つのは、子どもとの交流を重視する徹底した地域密着ぶりだ。暴力的な印象もあるプロレスだが、「ハッピーロードマン」「トキワダイオー」など、商店街や町の名を冠した所属レスラーたちがアクロバチックな技を披露する大会では、リングサイドの客席に家族連れが目立つ。真剣勝負かと思えば、ユーモラスな駆け引きで観客を笑いの渦に巻き込んでいる。

 いたプロは2016年、地域で活動する団体として区が認める団体となり、区が主催するイベントなどにも参加している。子どもたちの体力向上を目指す取り組みや、地域産業への貢献が評価されたのだ。現在は区内の4商店街組合、2町会が共に会場設営やチケット回収を手伝い、興行を盛り立てている。

「地域への誇り、愛着、応援したくなる気持ちをいたプロはうまく醸成してくれている」と、同区産業経済部くらしと観光課の織原真理子課長。区は、今年9月に予定されているいたプロの5周年記念大会を共催する方針だという。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 21:37
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事