ここから本文です

映画『おしりたんてい』三瓶由布子&齋藤彩夏に聞く作品の魅力と今後の目標「ぜひ4DXの上映を!」

4/26(金) 20:30配信

超!アニメディア

 1967年より、東映が子供向け映画をまとめて上映してきた「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活、2019年4月26日(金)に全国公開する運びとなった。今回上映されるのは、謎の海域に潜む伝説の超大物バーソウル「“神(しん)”海魚ポセイドン」に挑む『映画 爆釣バーハンター 謎のバーコードトライアングル! 爆釣れ!神海魚ポセイドン』、フー・スー・チーのおかしくてキュートな3姉妹が巻き起こすおっぺけぺーな日常を描いた『えいが うちの3姉妹』、ダンボールから作られた冒険家コンビであるネコのヤマオリ・イヌのタニオリが伝説のお宝をさがしにダンボール惑星を大冒険する『りさいくるずー』、そして、幼児から小学校低学年の男女を中心に人気を得ている、見た目はおしりでも推理はエクセレントな名探偵「おしりたんてい」が活躍する『映画 おしりたんてい カレーなる じけん』の4本だ。

 今回は『おしりたんてい』の主人公・おしりたんてい役の三瓶由布子とおしりたんていの助手・ブラウン役の齋藤彩夏にインタビュー。それぞれが演じられるキャラクターの紹介のほか、演じるうえで意識していることなどについておうかがいした。

――まず、お二人が演じられているキャラクターについて紹介をお願いします。

三瓶 名前の通り、探偵をしているおしりです(笑)。『おしりたんてい』は子供向けの絵本が原作ということもあって、登場するキャラクターも動物とか、たまに謎の生物をモチーフにしているのですが、その中でも唯一のおしりが彼の一家。私たちは勝手におしり族って呼んでいるんですけども、なぜ彼の家族だけがおしりなのかはまだ謎なんです。ただ、紳士なんですよね。どこまでも優しくて包容力がある、おしりの探偵です(笑)。

――見た目からはあまり想像できないのですが、カッコいいんですよね。

三瓶 そうなんですよ! 周りに対する態度とか言動とか……。

齋藤 レディに優しいよね。

三瓶 そうそう。モテ要素はたっくさんあるんだけどね。

齋藤 モテ要素しかない。

三瓶 ただ、結婚している感じは今のところ……。

齋藤 ないね、確かに(笑)。

――「おしりたんてい」って何歳くらいなんでしょうか?

三瓶 それはヒミツなんですよ! ただ、身だしなみにも気を遣っていて、床屋さんでひげ……なのかな(笑)。とりあえずひげのようなものを剃ろうとしていたりしているんですよね。あと、バラの紅茶とかも飲んでいて、ジェントルマン。でも、パッと見はインパクトあるし、とてもたくさんの魅力が詰まったキャラクターだなと思っています。

――色々な意味でミステリアスなキャラクターです……! 続いて、齋藤さんが演じられるキャラクターについても教えてください。

齋藤 私は「おしりたんてい」さんの助手であるブラウンという役をやらせていただいています。おっちょこちょいでドジだけども一生懸命なところがアピールポイントですね。個人的には「おしりたんてい」さんが放つ必殺技(強烈な悪臭を放出するもの)を毎度、毎度喰らっちゃうところが大好き(笑)。必殺技はアニメでもすごい迫力の絵を描いてくださるので、これに負けないように声を出してやるぞと思っています。

三瓶 普段は可愛い絵なのに、急に劇画チックになるよね。

齋藤 そうなんだよね。何ならあの一瞬に賭けていると言っても過言ではないくらい気合を入れて芝居にも臨んでいます(笑)。

三瓶 毎回視聴者の皆さんに必殺技の威力を伝える役割だよね。

齋藤 あんだけ喰らっているのに、いつまでも慣れないからね。何回喰らっても新鮮な気持ちでいることを意識しながら演じています。

――その他、演じる際に大切にしていらっしゃることはありますか?

齋藤 ブラウンは観てくださるお子さんやご両親に一番寄り添えるポジションだと思うので、いつも「おしりたんてい」さんとテレビの前の皆さんの懸け橋になれたらなということを一番に考えています。だから、リアクションもオーバー気味に、分かりやすく演じるということを意識していますね。あとは自分が楽しいと思わないと視聴者の方にも楽しさが伝わらないと思うので、アフレコも毎回楽しく、明るく、ポジティブな気持ちで取り組むようにしています。

三瓶 そういえばTVシリーズの放送ではフォルムも変わっていたよね。

齋藤 あったね(笑)。一緒に張り込みをしていて、「おしりたんてい」さんはゲッソリとしていて、無精ひげ?が生えていたんですけども、ブラウンはあんぱんと牛乳をひたすら食べる役割だったから太るっていうね。今は体も自由自在です。

――そういう演出、子供たちは特に好きそうですね(笑)。

三瓶 ほかにも『おしりたんてい』には子供たちが喜んでくれそうな要素がいっぱいなんですよね。うちにも子供がいるのですが、絵本と同じようにアニメにもおしりのマークを探すっていう仕掛けがあって、それを毎回楽しみにしています。あとはポップな音楽をかけて喜怒哀楽を分かりやすく整理しているのも、お子さんが飽きないようにという工夫のひとつだと思います。

――なるほど。三瓶さんは演じるうえで意識されていることはございますか?

三瓶 紳士な言葉遣い、また観ているお子さんに分かりやすく、伝わりやすくということを意識しています。あとはみんなよりも一歩先を見ているキャラクターなので、落ち着いた感じを出すためにゆったり喋るようにしています。必殺技に関しては犯人との距離やシチュエーションによってパターンもセリフの尺も違うので、色々と大変です(笑)。

――それでもお二人のズバリなお芝居がテレビの前の皆さんを楽しませてくれていると思います! そんなお二人が活躍する『おしりたんてい』ですが、今回「東映まんがまつり」にて映画が上映されます。映画の台本を読んだときはどのような感想を抱かれましたか?

三瓶 今回の『カレーなる じけん』は元々トロル先生が描かれている原作の絵本にも登場する話なんですけども、それが映画になるというのでどうなるのかドキドキでした。実際に台本を読んでみたら、原作には登場しないキャラクターも出てくるなど、映画ならではの特別感があるなと感じました。また、今回は爆笑問題の太田さんがゲストとして作品に加わってくださったので、さらなる味付けがされています。完成した映像を観るのがいまから楽しみですね。

齋藤 私はまず映画になることにビックリしました。しかも伝統ある「東映まんがまつり」のひとつとして「おしりたんてい」さんが失礼こかせていただいて大丈夫かなって(笑)。ただ、私の母が「東映まんがまつり」を観に行っていたので、映画になると伝えたときはすごく喜んでくれました。映画館でも、同じように懐かしいなと思って喜んでくださる方がいれば嬉しいです。豪華なゲストさんも出演されて、また、TVシリーズと変わらず楽しくアフレコさせていただいたので、たくさんの方に観ていただけたらなと思っています。

――家族で一緒に観に行けるのが「東映まんがまつり」の魅力のひとつかもしれません。

三瓶 そうですね。TVシリーズの間違い探しも、家のなかでやるときは一人でやっている子が多いと思いますが、劇場となると色々なところから「あそこ!」とか「あっち!」とか、たくさんの声が聞こえてくるはず。私は東映さんが手掛けられている『プリキュア』の映画でミラクルライトを振る子供たちを見て感動したことがあるので、『おしりたんてい』だとどんな反応がみられるのか、楽しみです。

齋藤 あと、夢は4DXでの上映じゃないですか。必殺技を放つときの振動とか風とか出てきたらすごく楽しそう。

三瓶 ほっぺの揺れと同じように席がガタガタ揺れるとかね!

齋藤 そうそう!

――匂いが出るのもいいかもしれません。

齋藤 出てきたらすごい(笑)。盛り上がるよ、これは! プレゼンしたいな。目指せ4DX! これは原稿に書いてくださいね。

――わかりました(笑)。子供たちの最初の4DX作品はぜひ『おしりたんてい』を!と書いておきます。

三瓶 いいですね。

齋藤 めっちゃよくない?

――トラウマになってしまうかもしれませんが(笑)。

齋藤 そっちか(笑)!

――失礼こきました。

 「東映まんがまつり」は2019年4月26日(金)劇場にて公開中。

(C)2019東映まんがまつり製作委員会
(C)Troll/POPLAR (C)鈴木サバ缶/小学館・爆釣団・テレビ東京 
(C)松本ぷりっつ/主婦の友社 
(C)coyote

最終更新:4/26(金) 20:30
超!アニメディア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事