ここから本文です

41歳GKブッフォン、今季限りで現役引退か…伊メディア報道

4/26(金) 12:47配信

GOAL

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、今季限りで現役引退する可能性があるようだ。イタリア『メディアセット』が報じた。

ディバラの超美人彼女がセクシーすぎる…世界トップ選手を支えるパートナーたち【50枚】

イタリアサッカー界の生けるレジェンドであるブッフォンは、昨年の夏に16シーズンを過ごして数々のタイトルを獲得したユヴェントスからPSGに加入。1年の延長オプションが付随した1年契約を交わしている。今シーズンは、フランス代表GKアルフォンス・アレオラとのローテーションで起用されており、ここまで公式戦22試合に出場。今月初めには、2021年までの契約延長に近づいているとも伝えられていた。

しかし、PSGはここまで、現契約の延長オプションさえ行使していない。『メディアセット』が報じるところによれば、PSGはマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアの獲得を考慮。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を夢見るブッフォンは、現役を続けることに意欲的なもようだが、代理人は状況を整理するために来週にもフランスにわたり、PSGと話し合うという。

仮に今季限りで現役引退することになれば、将来的に監督となることを見据えているブッフォンは、ユヴェントスに幹部として復帰することになる見込み。ユヴェントス側は、レジェンドのブッフォンに対する扉を常に開けているとのこと。いずれにせよ、デ・ヘアを獲得できるかどうかなどの状況にも関わるもようだ。来週行われる代理人とクラブの話し合い後、ブッフォンは現役続行か引退かの決断を下すとみられる。

最終更新:4/26(金) 12:49
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事