ここから本文です

シャーリーズ・セロン、息子を女の子として育てていることを告白

4/26(金) 14:00配信

クランクイン!

 女優のシャーリーズ・セロンが、2012年に故郷の南アフリカから養子に迎えた長男ジャクソンくんを女の子として育てていることを明かしたという。Mail Onlineが報じた。ジャクソンくんはワンピース姿やスカート姿をパパラッチ写真に収められていた。

【写真】パーフェクトな美貌を持つ「シャーリーズ・セロン」フォトギャラリー


 シャーリーズはMail Onlineとのインタビューで、現在7歳のジャクソンくんを女の子として育てていることを認めたという。シャーリーズには3歳になる養女オーガストちゃんもいるが、ジャクソンくんはオーガストちゃんと同じくらい女の子らしいとのことだ。

 「そうなの。私も彼女が男の子だと思っていたわ」と、ジャクソンくんを“彼女”と言うシャーリーズ。「彼女が3歳の時、私を見て“私は男の子じゃない!”と言うまではね」と説明したという。

 「だからそういうことよ。私には美しい娘が2人いるの。親なら誰でもそうだけど、私は2人を守り、2人が元気に成長する姿を見たいわ」と、シャーリーズは続けている。2人には生まれながらに人格があり、成長していく過程でどういう人間になりたいのか、自分自身で見つけていくだろうと確信しており、「私が決めることでない」と子育てにおける持論を展開した。

 「親としての私の仕事は、彼らを祝福して愛して、彼らがなりたい自分になるために必要なもの全てがあるようにしてあげること。私はできうる限りのことをして、その権利を子供たちが持てるようにして、守られるようにするわ」とシャーリーズ。頼もしい母に見守られて、子どもたちもさぞかし心強いだろう。

最終更新:4/26(金) 14:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事