ここから本文です

看板メニューの鉄火丼、上物のマグロ手軽に

4/26(金) 8:50配信

岐阜新聞Web

◆鉄火丼専門店「清水港」 岐阜市

 名古屋市や岐阜市の高級料亭などで修業した榎英継さん(67)が、「おいしいマグロを手軽に食べてもらいたい」と1988年にオープンした。

 看板メニューの鉄火丼(みそ汁・小鉢付き、税込み650円)=写真=は、脂ののったマグロとネギトロがたっぷり。のりやワサビが、さらにうまみを引き立たせる。長年苦労し、独自の仕入れルートを開拓。一口食べると、この値段ではなかなか味わえない上物だとすぐ分かる。

 夜も魅力的だ。「本マグロのカマ焼き」や「マグロユッケ」など、約50品の居酒屋メニューが330円均一で楽しめる。榎さんは「手抜きをせず丁寧に仕上げることが信条」。ひと手間もふた手間もかけた、魚料理を味わえる。

【メモ】▽住所 岐阜市金町7の2▽営業時間 午前11時30分~午後2時30分、午後5時30分~同10時▽定休日 日曜日▽電話 090(6767)1262

岐阜新聞社

最終更新:4/26(金) 8:50
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事