ここから本文です

昨季14勝、韓国サブマリン右腕にメジャー注目 「間違いなくモチベーションになる」

4/26(金) 13:04配信

Full-Count

2020年オフに海外FA権を取得予定のSKワイバーンズの朴鐘勲

 メジャーリーグ数球団が韓国SKワイバーンズに所属するサブマリン右腕・朴鐘勲(パク・ジョンフン)の動向に注目している。韓国紙「中央日報」が伝えている。

【写真】ドジャースの柳賢振が「美人妻」とのオフショットを公開! 「NYで素晴らしい休日」

 SKワイバーンズの朴鐘勲は昨季、防御率4.18ながら14勝8敗の成績を残しリーグを代表する右腕として注目を集めた。記事ではメジャーでは貴重なサブマリン右腕を「メジャーリーグのスカウトたちが注目し始めた」と伝えている。

 朴鐘勲は順調にいけば2020年シーズン後に海外FA権を取得予定。チームは今春にフロリダでスプリングトレーニングを行い、その間メジャー球団のスカウトが視察に訪れていたことを言及。リリースポイントが地面からわずか28センチのサブマリンを「選手たちの中で目立つ存在であるのは、彼のリリースポイントによるものだ」と、変則的な投球フォームに注目が集まっていることをレポート。

 これまで朴鐘勲自身はメジャーに興味があり、プロ入りする以前には幾つかのオファーがあったことを明かし「韓国に残ったんだ。理由は、KBOで順応する方が良い(選択)と僕の両親が言って、断念させたからなんだ」と、残留した経緯を紹介している。

 海外FA権の取得まで残り2年が必要となるが、メジャーへの興味は今だ持ち続けているという。記事の中では「改善しなければいけない点があるんだ。けど、(MLB挑戦は)間違いなくモチベーションにはなるよね。もしMLBでプレーできるなら、(先発でも中継ぎでも)どんな役割も引き受けるよ」と語り、将来的なMLB挑戦を口にしている。

Full-Count編集部

最終更新:4/26(金) 14:08
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事