ここから本文です

比嘉愛未似? 筧美和子似? 笑顔眩しい美女売り子が語る“極意”「秘訣は絶対にある」【福岡発 売り子名鑑2019】

4/26(金) 21:42配信

Full-Count

アサヒビールの「すみれ」さんは最高291杯の実績を誇る人気売り子

 プロ野球の醍醐味がスタジアムでの観戦、そのお供として欠かせないのが、冷えたビールだ。そして、スタジアムの“華”として日々、汗を流して働いているのが、各ビールメーカーの売り子たちだ。10キロを超えるビールのタンクを背負い、階段ばかりの球場内を歩き回るのはかなりの重労働だが、日本独特の文化で、スタジアムを訪れる外国人観光客からの注目度、人気も高い。

【写真集】“ギャップ萌え"な私服写真も! 比嘉愛未似?筧美和子似?アサヒビールの「すみれ」さん

 福岡ソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドームで働く売り子たちもまた、それぞれに人間模様がある。“美女どころ”と言われる福岡の売り子を紹介する人気企画「福岡発 売り子名鑑2019」。“お気に入り”の売り子を見つけ、球場での観戦の楽しみの1つとしてもらえたら幸いだ。

 第5回はアサヒビールの「すみれ」さんだ。

 柔らかな笑顔が可愛らしい「すみれ」さんは、今季で売り子歴4年目となるアサヒビールのトップ売り子の1人。一塁側の内野から外野を持ち場にする彼女は、ファンや周囲から女優の筧美和子さんや比嘉愛未さんに「似ている」とよく言われるという美女だ。

「ドームで可愛い制服を着て働きたい、という憧れがありました。キラキラしていて、アルバイト紹介とかで見ていて、ああいいな、してみたいな、と思っていました」。大学入学を機に始めた売り子。「すみれ」さん1人ではなかなか踏み出せずにいたが、友人からの誘いがあったことでこの世界に飛び込んだ。

 10キロ超のタンクを背負う重労働に、入っては辞めていく売り子も多い。「すみれ」さんも「私も辞めそうでした。キツくて、しかも、月に3回くらいとあんまり出勤していなかったので」というが、ギリギリのところで辞めずにいた。「2年目の後半くらいからちゃんと入り出すと、お客さんが覚えてくれるようになったんです。3年目で覚えてくれるお客様が多くなって、嬉しいなと思ったし、頑張らないといけないなと思うようになりました」。売り子の楽しさ、やり甲斐を感じ、この仕事の虜になったという。

「4年経った今でもキツイのはキツイです。慣れはありますけど、今でも結構キツイです」と今でも肉体的な厳しさは変わらないという。それでも、辞めない売り子の魅力を「部活じゃないけど、部活みたい。同期も先輩も後輩も学生が集まって、みんな目標を決めて出来る。そういうのが楽しくて、やりがいがあって。杯数は目に見えて分かるので目標も立てやすいです」と語る。

 自己最高で291杯の売り上げ記録を持つ「すみれ」さん。4年目のベテランとあって、売り子の奥深さ、売り子として結果を残す秘訣が「絶対にある」という。

1/2ページ

最終更新:4/26(金) 21:54
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事