ここから本文です

「金沢美人」の日本酒 来季に向け田植え

4/26(金) 15:17配信

北國新聞社

 コシヒカリの特別栽培米「金沢美人」を使った日本酒の開発に取り組むJA金沢中央(金沢市)と酒造会社「福光屋」(同)の女性スタッフら7人は26日、同市普正寺町の水田で、来季の日本酒の販売に向けて苗を植えた。

 参加者は雨の中、金沢美人を生産する農家2人の指導を受けた。金沢美人は今年、5月上旬までに約4万4千平方メートルで作付けされ、約25トンの生産を見込む。うち約9トンを日本酒造りに利用する。

 JA金沢中央と福光屋は今年3月から、プロジェクトチームを発足させて金沢美人を使った日本酒の開発を進めている。すでに昨秋に収穫した米で酒造りを進めており、10月19日に行われる同JAのふれあいフェスタでお披露目する。

北國新聞社

最終更新:4/26(金) 15:17
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事