ここから本文です

ブラジルへの留学も経験…シド・ゆうや、サッカーに明け暮れた学生時代を語る「当時憧れていた選手は……」

4/26(金) 13:45配信

SOCCER KING

 ビジュアル系ロックバンド『シド』のドラマーソングライター・ゆうやさんが、平日毎日18時から放送中のWEB番組『サッカーキング ハーフ・タイム』に生出演した。

 昨年、結成15周年を迎えた『シド』。今年2月には2014年以来となるアジアツアーを実施、さらにはグランドファイナルとして、3月10日に横浜アリーナでのライブで大成功を収めた。

 そんな『シド』でドラムを担当するゆうやさんは、小・中・高とクラブチームやサッカー部でプレーし、高校1年の夏にはブラジルへのサッカー短期留学も経験。現在も音楽活動の傍ら、サッカー好きのタレント・アーティストから成るサッカーチーム『SWERVES(スワーブス)』の一員として大会やイベントに参加するなど、音楽業界屈指のサッカー好きとして知られる。

「学生時代はとにかくサッカーに夢中で、本当に生活の一部でした。当時、憧れていたのはカズさん(三浦知良)。その影響もあって、ブラジルへのサッカー留学を決断しました」

「先制ゴールは、(マルコ)ロイス、(ラファエル)ゲレイロ、(マリオ)ゲッツェの三角形がポイントだった」

 番組後半では、ブンデスリーガ第30節・フライブルク対ドルトムントのゴールシーンを、戦術ボードを使って解説。その熱意が認められ(?)、月刊誌『サッカーキング』の次号で、コラムを執筆することが決定した。

SOCCER KING

最終更新:4/26(金) 14:35
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事