ここから本文です

米は対中協議でバイオ医薬品のデータ保護期間巡り譲歩も-関係者

4/26(金) 6:26配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米政権は米中貿易協議で、医薬品のデータ保護期間について中国側の提案に譲歩する可能性がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。

幅広い貿易協議の一環として議論されている中国側の提案は、米国製バイオ医薬品の中国におけるデータ保護期間を8年と、米国内での12年より短くする内容で、米医薬品業界の反発を招く恐れがある。協議が非公開だとして関係者2人が匿名を条件に語った。

北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる通商協定として、トランプ政権が取りまとめた米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)では同期間を10年としている。USMCAを米議会はまだ批准していない。米国内で薬価を巡り激しい議論が交わされる中、世界で最も高価な医薬品の一部を強制的に値下げさせる上で、米国よりも強硬なメカニズムをトランプ政権が中国に認める可能性が出てきた。

バイオ医薬品とは、通常の化学合成医薬品と異なり、タンパク質由来、生物由来の物質から生成される医薬品。製薬会社の製品としては最も高価な部類に入る。

原題:U.S. Said to Mull Concessions on Drug Protections in China Talks(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Jenny Leonard

最終更新:4/26(金) 7:34
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事