ここから本文です

黒沢ともよ&雨宮天が語る『劇場版 響け!ユーフォニアム』の見どころ

4/27(土) 18:01配信

マイナビニュース

1年生から2年生になって変わったこと

高校の吹奏楽部を舞台に繰り広げられる人間ドラマを描いた『響け!ユーフォニアム』シリーズ。2015年、2016年とTVシリーズが放送され、2018年にはオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美を主人公に据えた映画『リズと青い鳥』も公開された本シリーズの映画最新作『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』が現在公開中。

【写真】黒沢ともよ「3年生・2年生になれる日がきたらいいな」

今回、本映画の中心となる北宇治高校ユーフォニアムパートの黄前久美子・久石奏を演じる黒沢ともよ・雨宮天のふたりにインタビューを実施。学生時代に吹奏楽部に所属し、学生指揮者を担当していた筆者が当時の経験も踏まえつつ、作品の魅力や吹奏楽部への印象についておうかがいした。

■久美子が本格的に変化し始めるのはきっと2年生から

――この度は貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。私、元々高校で吹奏楽部に所属していて、本作も全シリーズ拝見しております。念願叶っての『響け!ユーフォニアム』インタビューにいま、心が躍っております。

黒沢 楽器は何を担当されていたんですか?

――指揮者です。

黒沢 滝先生と一緒だ!!

――ただ、中学生のときは陸上部で吹奏楽のことは何も分からず……。素人だったので最初は楽器も経験しました。1年生のときはユーフォニアム、そのあとも金管楽器、木管楽器、パーカッションと一通り触って、2年生のときには指揮者としてコンクールにも出場させていただきました。

黒沢 ユーフォニアムもやっていたんですね!

雨宮 指揮者ってやっぱり色々な楽器を知っていないとできないんですね。大変だ。

――今でも吹奏楽に対して熱い思いを持っているので、吹奏楽部を題材とした本作も原作・アニメとも楽しく、時には当時を思い返して涙しながら拝見しております。前置きが長くなりましたが……改めておふたりが演じられるキャラクターについて教えていただけばと思います。

黒沢 私が演じる黄前久美子は高校2年生でユーフォニアムを担当している女の子です。小学4年生の頃からユーフォニアムを吹いているのですが、担当するようになったきっかけは人数が足りなかったからと実はなし崩し的なものでした。でも、何だかんだ言いつつもユーフォ(ユーフォニアム)を好きになって、今はもっと上手になりたいという想いを持ちながら吹いています。性格的にはふわふわした子で付かず離れずというか、自分の意思があるのかないのか分からないというか……。でも本人は本人なりに一生懸命に生きているという女の子です。

――テレビシリーズでは1年生で濃い1年間の吹奏楽部ライフを過ごしたかと思いますが、2年生になって変化したと感じる部分はありますか?

黒沢 テレビシリーズから彼女たちとしてはそんなに月日が経ってはいないので、徐々に変わっていっているという感じかもしれません。むしろ、今回の劇場版で奏ちゃんと出会ったり、ユーフォパートの先輩である(中川) 夏紀先輩の新たな一面に触発されたりして変わっていく気がします。テレビシリーズよりも今回の劇場版のほうが成長は見受けられるんじゃないかなと思います。

――そこも本作の見どころのひとつとなりそうです。続いて、雨宮さんが演じる久石奏についても教えてください。

雨宮 奏は中学生のときもユーフォニアムを担当していて、演奏も上手な楽器経験者として北宇治高校吹奏楽部に入部する1年生ですね。性格的にはすごくあざとくて器用そうに見えて、意外と人間らしいところがある子だと感じています。

――本作ではかなりキーとなる人物です。

雨宮 そうですね。

黒沢 今回だと久美子がストーリーテラーで、奏ちゃんが主人公みたいな感じかも?

――確かに、そうかもしれないです。

雨宮 それくらい劇場版では重要な立ち位置です。

――演じるのもそうですが、実際に部活にこういう子がいたら大変そうだなと思ってしまいました(笑)。

雨宮 そうだと思います(笑)。

■私も面倒くさいなと思う(笑)

――ただ、部活が強くなるキーとなる存在でもある気がします。そんな奏ですが、共感できる部分はございますか?

雨宮 奏って、可愛い子ぶって先輩に上手く取り入ろうとするのかと思いきや、実は結構顔をゆがめるんですよね。嫌なことがあったら顔に出るのがすごく人間らしい。私も顔に出るタイプなので、そういうところは似ているし、共感できるし、奏の好きなところでもあります。反面、先輩にあんなにも生意気できるところは似ていないかも。作中で久美子をいじることがあるのですが、私はあんなことできないです(笑)。色々と知っていくとそこも愛嬌になるんですけども、先輩にああいう態度は取れないかな。

――それでも、久美子との関係は良好なのかなと個人的には感じています。

黒沢 私もわりと良好な気がします、

雨宮 そうなんですね! 奏は久美子のことをいまいち掴めないけど何だかんだいい先輩、面白い先輩だという印象を持っているのかなと思いました。私が久美子の立場だったら、あんな後輩がいたら胃が痛いですけど(笑)。「もう面倒くさいな1年生」というセリフもありますが、あれって主に奏のことですよね?

黒沢 あの場面では、主にコントラバス担当の(月永)求に対してじゃない?

雨宮 あの瞬間は確かにそうだったかも。ただ、そんな求に突っかかる奏もやっぱり面倒くさかったのかなと。

黒沢 確かに……。そういう意味では、1年生同士の関係性が面倒だったんだろうし、私も面倒くさいなと思う(笑)。

雨宮 そうですね(笑)。

黒沢 個人的に奏ちゃんは言われて嬉しいことと嫌なことの両方が分かっていて、あえて嫌なことを言うことができる子なのかなと思います。そして、久美子は思いっきり気を遣われている。「先輩が残るなら残ります」と言ったり、「こうすれば?」と久美子が言えば「じゃあそうします」と答えたり、基本的には久美子を持ち上げている。だから、久美子は「いい子なんじゃない? 私は悪いことされていないし」と奏ちゃんに対して思っているんじゃないかな。

雨宮 なるほど。

黒沢 でも、久美子は奏ちゃんの言動から過去に色々とあったんじゃないかとも感じてはいて。それでも同じパートだから嫌われたくない、という想いがあったんじゃないかな。だから「ん?」と思うような奏ちゃんの発言にも「そういう面もあるよね、でも……」と、機嫌をあまり思い切り損ねないような返しをしていたんだと思います。

――上の先輩にも後輩にも気を遣う、久美子は中間管理職タイプですよね。ただ、テレビシリーズのときもそうでしたが、意外と本心をポロっと言ってしまうときもあります。

黒沢 きっと言うつもりはないんでしょうけどね(笑)。

雨宮 確かに、1年生のチューバパートの(鈴木)美玲ちゃんを本番前に励ますときも「これ余計じゃない?」と思う一言を言っていましたね。追い打ちになりかねない言葉をかけるし、そのあとのフォローも特にせず「とりあえず、(本番に)戻らない?」といえる図太さはすごいなと思いました。だからこそ、「黄前相談所」もやれているのかな。

1/2ページ

最終更新:4/27(土) 18:01
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事