ここから本文です

先輩芸人が絶賛するノブコブ吉村の意外な才能

4/27(土) 16:41配信

東スポWeb

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】バラエティー番組を見ていると「この芸人さん、なんでたくさん出ているの?」と疑問を感じることはないだろうか? 視聴者には見えにくいが、きちんとした理由がある。その最たる例が平成ノブシコブシの吉村崇(38)だ。

 吉村をかわいがっている有吉弘行はその良さをこう語る。「吉村はね、テレビで見てると、伝わらないだろうし、面白くないだろうしね、イライラもするし、うるさいだろうってこともよく分かってんだけど、カメラが回ってない『さぁ終わりです。今からご飯食べに行きましょう』っていうとき、めちゃめちゃ面白い。わりと気遣いできるし。ロケが終わると、知らない女優さんがいてもアイツいるとガンガン行くから。円滑に回る。でも下手は下手だからさ」

 テレビ東京のプロデューサーで「ゴッドタン」を手掛ける佐久間宣行氏も吉村の才能を自身のラジオでこう大絶賛した。

「『キングちゃん』って番組で、千鳥の2人は今は笑うようになったけど、出たてのころは面白いことを言おうとしてるから、他の場面で笑わない。だけど、そこに吉村を入れたら、場の空気が全然違う。手を叩いて笑う上に千鳥が言ってないことをさりげなく言ったり、女の子へのフリもしてくれるから助かる。それに編集で気づく。意外に丁寧なんですよ」

 加藤浩次はクイズ番組における吉村の有用性を語る。「スタッフ側にしてみたら、吉村って本当にちょうどいいと思う。やりましょう!って言うタイプだし、クイズができないわけでもない。でも、難しい問題はちゃんと間違って、たまになんか当ててくれる。一般レベルで分かるようなのは分かりました!って言ってやってくれる。“吉村ものさし”でほぼ動いてる。吉村が平均のど真ん中で、その上に宮崎美子さん、下に具志堅用高さんがいて、ど真ん中でバチッといる」

 相方を褒める芸人は少ないが、徳井健太は「アイツが人付き合いをやってくれたおかげで仕事が来る。アイツが深く考えずにワーワー大きい声で言うからこそ、俺が深く考えてるって皆さん勝手に思ってくださるから、勝手にキャラになる。吉村が横にいてくれるおかげで、ちょっとミステリアスな人間になれて、お仕事いただけるのはラッキーなんです」という。

 シュートを打つだけがサッカーでないように、バラエティー番組にもいろんなポジションがあり、それぞれに名選手がいるのだ。

☆現役放送作家X氏=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

最終更新:4/27(土) 16:41
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事