ここから本文です

市川華菜“盟友”土井杏奈の復活「すごくうれしい」

4/27(土) 15:19配信

デイリースポーツ

 「織田記念国際陸上」(27日、エディオンスタジアム広島)

 28日の女子100メートルに出場する市川華菜(ミズノ)が今季初戦を前に意気込みを語った。「いつもより走る量、質を高めようとした。いつもは12月までの走り込みを1月後半までと走り込みの時期を長めにとった」と充実の冬季練習で手応えを得たという。今季序盤に体調を崩したため、今大会が今季初戦となるが「しっかり休んでペースを戻そうと思った」と今大会に照準を合わせてきた。

 また“盟友”への思いも口にした。日本代表メンバーに入っている来月11、12日の世界リレー(横浜)には、ロンドン五輪女子400メートルリレーでともに戦った土井杏奈(JAL)も代表に選出された。

 土井は今月21日の出雲陸上の女子100メートル決勝で大会新となる11秒68(追い風0・8メートル)で2位。16歳で五輪に出場し「天才少女」と呼ばれながら、その後なかなか結果が出せなかったが、復活の気配を見せている。市川は「苦しい時期を知っているのですごくうれしい。(昨年)来年は絶対に戻ってくると言っていた」と有限実行をたたえていた。

最終更新:4/28(日) 19:22
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事