ここから本文です

プロは体を開いてインパクトしてるのになぜつかまる? 「丸~い背中」がポイントだった!

4/27(土) 18:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

自身のユーチューブチャンネル「HARADA GOLF」で再生回数1000万以上を獲得している大人気レッスンプロ・原田修平。キレのいい動きでゴルフスウィングを解き明かす原田が、ボールをつかまえるコツを伝授してくれた。

世界ランキングナンバー1のダスティン・ジョンソンを筆頭に、海外の飛ばし屋たちの最新トレンドといえば、体の高速ターンで打つスウィング。切り返しからダウンスウィングで、腰と肩(あるいは胸)を一気にターゲットへ向けるように、体をターンさせてスウィングしている。

だが、アマチュアがこれを真似ようとすると、体のターンに伴って体が開き、手元が先行して振り遅れ、フェースが開いてとんでもない球が出る。この差は一体なんなのか!? 原田は違いをこう解説する。

「ダスティン・ジョンソンのように、クラブを超シャット(スウィング中フェースを開かない)に使ったり、ヘッドスピードの速いプロであれば、一気に体をターンさせても、ボールをつかまえることができます。ただ、アマチュアの場合はどうしてもインパクトで左肩の開きが早くなってしまうので、ヘッドが振り遅れ、フェースが開いて当たりやすくなります。なので、アマチュアの方は切り返しで左肩の開きを抑える動きを入れてあげるといいでしょう」(原田、以下同)。

体の高速ターンで打つスウィングで、左肩の開きを抑え、しっかりボールをつかまえるには、肩甲骨の使い方がポイントだと原田プロ。

「肩甲骨の使い方の感覚をつかむ練習法としては、両腕を真っすぐ前に出して、手を動かさずに、胸を引っ込めるようにして、肩甲骨を開きます。腕を前に出すのではなく、背中を丸めて後ろに引く感じです。立った状態だと分かりにくいという人は、地面に四つん這いになり、同じように背中を引き上げるように、肩甲骨を開くといいでしょう。このときの肩甲骨(背中)の動きが、切り返しからダウンスウィングのときの感覚になります。この形を作ってから、ターゲット方向へ体をターンさせれば、左肩の開きが抑えられ、しっかりボールがつかまるようになります」

1/2ページ

最終更新:4/27(土) 18:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事