ここから本文です

G20でWTOの紛争処理議論へ 首相表明、韓国の水産物禁輸受け

4/29(月) 1:22配信

共同通信

 【オタワ共同】安倍晋三首相は28日(日本時間29日未明)、世界貿易機関(WTO)の紛争処理の在り方を見直す必要があるとして、6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合で協議する考えを表明した。カナダのトルドー首相との会談後の共同記者会見で「紛争解決が機能するよう改革することが不可欠だ。G20各国と建設的に議論したい」と述べた。韓国による福島など8県産水産物の輸入禁止措置をWTOが容認した判断が背景にある。

 韓国の規制に対するWTOの判断には米国、欧州連合(EU)、中国などG20各国からも、26日にジュネーブで開かれた会合で疑問の声が相次いだ。

最終更新:4/29(月) 4:58
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事