ここから本文です

豊肥線「平成駅」人々集う、熊本 過ぎゆく時代惜しみつつ

4/29(月) 16:00配信

共同通信

 熊本市中央区にあるJR豊肥線「平成駅」は29日、改元を前に、鉄道ファンや家族連れでにぎわった。過ぎゆく時代を惜しみつつ、入り口に掲げた看板の下で記念撮影をしたり、「ありがとう平成」と刻んだスタンプを押したりしていた。

 JRの在来線を乗り継ぎ、大正駅(大阪市)から昭和駅(川崎市)を経て平成駅にたどり着いたという、京都市の契約社員田中知佳さん(44)。各駅の入場券を手に「家に飾りたい」と笑顔を見せた。「景気が悪かった平成の記憶をかみしめ、列車に乗った。次の世は、経済ではない指標で幸せを感じていけたらいい」と希望を託した。

最終更新:4/29(月) 16:45
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事