ここから本文です

妃海風、5.12にジャズライブ「オシャレ感を演出できたら」

4/29(月) 9:35配信

スポーツ報知

 元宝塚歌劇星組トップ娘役で女優の妃海風(ひなみ・ふう、30)が、5月12日に東京・丸の内のコットンクラブでジャズライブ「Magic of jazz」を開催する。

 今月12日に30歳になり、「大人のライブをしてみたい」と企画。有名なミュージカルナンバーを始め、老若男女が知る洋楽のヒットソング、昭和の歌謡曲を披露する予定。「ジャズライブとは言うものの、しっとりとしたイメージの曲も入れつつ、ビッグバンドに近いような盛り上がれる内容にしたい。オシャレ感を演出できたらと思う」と意気込んだ。

 昨年のミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」(演出・本広克行)では、ももいろクローバーZと初共演。モノノフ(ももクロファンの呼称)の姿が脳裏に焼き付いている。「お客様との一体感を感じて、ファンの方が愛情を一心に注ぐ姿がステキだった。ももクロの皆さんも笑顔で頑張っていて、その笑顔を受けてみんなが笑顔になって。すごく幸せな空間だった」

 がむしゃらに夢を追い求め、宝塚歌劇団時代が大半を占めた20代は「頑張らないと、頑張らないと、という苦しい気持ちがあった」。30代に入り、気負うことなく歩みを進めていく。

 「ちょっと(気持ちを)楽にして生きていきたい。30代を経験された同性の方からは『30代、女は楽しいぞ』ってよく聞く。新しいスタート地点に立った感じはあります。また、一からのスタート。どんな感じに生きていくか分からないけど、ちゃんと地に足付けて前に進んでいきたい」。令和を目前に「もう少し人を感じたり、周りを感じる生き方をしてみたい。ゆとりを持つ、四季を感じる、恋をする…。ガチガチでやっていたから余裕を持ちながらやっていこうと思う」。肩ひじを張らない、自然体の妃海が見られそうだ。大阪公演は5月23日にビルボードライブ大阪で。

最終更新:4/29(月) 9:35
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事