ここから本文です

有森裕子さん「受け継いだものを次代に」小出監督と過ごした「平成」しのぶ

4/29(月) 15:31配信

デイリースポーツ

 24日に死去した陸上長距離の名伯楽、小出義雄さん(享年80)の告別式が29日、千葉県佐倉市内で営まれ、約600人が参列した。教え子で92年バルセロナ、96年アトランタ五輪でメダルを獲得した有森裕子さん(52)は、「女子マラソンを語るに大事な人をなくしたんだなと思うと同時に、私たちが受け継いだものをしっかりと、これから世代に、次代に受け継いでいかなきゃいけないと思っています」と恩師に誓った。

【写真】思い出を語る高橋尚子さん 言葉を紡ぎながら空を見上げ…

 故人と過ごした日々を思い返し「平成元年に監督に出会って、平成が終わるときに監督が去って行く。まさに平成を一緒に(過ごした)」と有森さん。「1つ1つともに歩むというか、教えてもらい、築いてきたんだなとあらためて思う」と、ともに築いてきた女子マラソンの歴史を振り返った。

 笑顔で過ごすこと、そして「これからも1人でも多くのランナーが笑顔でマラソンを愛し、高めていってくれる、その選手たちを応援するので、監督も応援してください」と伝えたという有森さん。「とにかくゆっくりして、これから未来のランナーを見守ってほしい」と思いを込めた。

 00年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(46)は弔辞を読み上げ、感謝の思いを伝えた。

最終更新:4/29(月) 18:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事