ここから本文です

アストン・マーティンファンには堪らない!? オススメのクルマ映画「007」

4/29(月) 10:08配信

オートックワン

自動車ライター 吉田 由美が選ぶ! オススメのクルマ映画

クルマが登場する好きな映画と言えば、やはり真っ先に浮かぶのは「007」シリーズです。
主役のジェームズ・ボンドは、めちゃくちゃクールでカッコよく、女性にもモテモテ。なのに親しみのあるキャラクターというのがミソ。女性のみならず男性にとっても憧れの存在です。

■カッコよすぎる!? アストンマーティンの車両を画像で見る[19枚]

ボンドの乗るクルマは「ボンドカー」と呼ばれ、毎回、大きな注目を浴びています。歴代では「アストンマーティン」が圧倒的に多く、“007といったらアストンマーティン”というイメージが強いのですが、BMW「Z8」や日本車では唯一トヨタ「2000GT」だったことも(正確には2000GTはボンドカーではなかったような)。「ボンドカー」に選ばれるということは、“カッコイイクルマ”というお墨付きをもらったようなものなのです。

歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優さんの中ではピアース・ブロスナンが好きで、その後のダニエル・クレイグはあまり好きになれませんでした。しかし最新作(24作目)の「007 スペクター」でダニエル・クレイグの演技を見て、映画を観終わる頃にはすっかり虜に。結局、2回も観てしまいました。

ちなみに007 スペクターに登場するボンドカーは、アストンマーティン「DB10」。この映画のために10台だけ製作されたスペシャルなモデルで、10台のうち8台は映画用に。2台だけマーケティングとして使用中。ちなみにBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル社長は、ダニエル・クレイグに似ています。

「ルパン三世 カリオストロの城」

シリーズ物で好きな映画はいくつかありますが、こちらも大好きなシリーズの中のひとつです。筆者は、ルパン三世シリーズがテレビでやっていた頃からの大ファンなのです。ルパンのおっちょこちょいなキャラクターと、情と女性(特に峰不二子ちゃん)に弱い所が、とても愛らしいのです。

そしてそれを囲む早打ち拳銃使いの次元大介と剣術使いの石川五ェ門、マドンナの不二子ちゃん、そして敏腕刑事なのに、なぜかいつもルパン御一行様に逃げられてしまう銭形警部…みんな大好きなキャラクターです。ルパン三世が乗るキュートな黄色いFIAT 500(チンクエチェント)によって、より親近感を感じます。

1/2ページ

最終更新:4/29(月) 10:08
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ