ここから本文です

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち  大統領は安倍首相に「近寄るな」と叫んだのか

4/30(火) 18:00配信

J-CASTニュース

 ホワイトハウス前のレッドカーペットでの写真撮影中、トランプ大統領が安倍首相に対して、「Stop. (これ以上、近づくな)」と言う場面が屈辱的だ、と一部韓国メディアの報道をきっかけに、韓国と日本のネット上で話題になっている。

 2019年4月30日午前9時現在も、「近寄る安倍首相に「ストップ」と叫んだトランプ大統領...「レッドカーペット上の屈辱」」と題する記事が、日本のYahoo!ニュースでランキング入りしている。

■韓国メディアが強調する「Stop」

 複数の韓国メディアのこうした一連の報道を見ながら、私は疑問を感じていた。米国内でも、そのことはほとんど話題になっていない。

 日本国内では、韓国メディアの一連の報道に対して、疑問を抱く人はいるものの、トランプ氏の無礼を非難したり、韓米首脳の「2分会談よりはましだ」と皮肉ったり、「安倍氏はここまでバカにされている」と嘆く人も多い。

 これが事実なら、「トランプ氏が世界へ見せつけた強烈な政治的メッセージだ」と危惧する声もある。

 安倍首相は4月26日(現地時間)から2日間、トランプ氏との首脳会談のため、首都ワシントンを訪れた。会談後、ホワイトハウスで夫妻同伴の夕食会が予定され、その前に行われた記念撮影の場でのことだ。

 冒頭で触れた記事は、韓国最大の新聞社、「中央日報」の日本語版だ。記事のなかで、韓国メディアが流したニュース映像に触れ、写真撮影時にカメラマンの「もう少し近づいて」という要請に従って、安倍首相夫妻がトランプ氏に近寄った。

 すると、トランプ氏が安倍氏を「Stop.」と一喝したとしている。韓国のテレビ局では、トランプ氏の顔をアップにして、「Stop.」という吹き出しを付けて流しているものもある。

 そのため、安倍氏はレッドカーペットにぎりぎり片足だけ乗せ、またぐ形で撮影されることになったという。また今回、トランプ氏は、2019年4月10日に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がホワイトハウスを訪問した時と違って、スーツのボタンもかけていないと指摘している。

1/2ページ

最終更新:5/1(水) 16:12
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事