ここから本文です

川内優輝が令和初ラン 約40人とスタートするも…「令和の最初から頑張っちゃいました」

5/1(水) 10:07配信

スポーツ報知

 4月1日にプロ転向した元公務員ランナーの川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損害保険=が1日、福島・川内村で「令和」初ランを行った。午前6時30分から開催された「令和元年ファーストモーニングラン」と自ら名付けた朝練習に、有志の市民ランナー約40人も参加。にぎやかな新元号の始まりとなった。

 小雨が降りしきる中、川内は「楽しく第一歩を踏み出しましょう!」と呼びかけスタート。のんびり景色を見ながら…と思いきや、勾配の大きな山道に苦しむ市民ランナーを尻目に、どんどんペースアップ。最後には一人で黙々と走り続け、約20キロを走破した。さわやかに汗をぬぐいながら「令和の最初から頑張っちゃいました」と笑顔。4月28日の「ぎふ清流ハーフマラソン」、同月30日の「川内の郷かえるマラソン」と中1日でハーフマラソン2本をこなしたが、次戦のバンクーバー・マラソンを5日に控える。「あとは疲労を抜いて、バンクーバーでしっかり走りたい」と令和初戦へ意気込んだ。

最終更新:5/1(水) 11:58
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事