ここから本文です

米大の発砲事件で2人死亡、犠牲者は10代との報道 学生の犯行か 事件後の現場映像

5/1(水) 14:43配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月1日 AFP】米ノースカロライナ大学シャーロット校(University of North Carolina Charlotte)で4月30日、発砲事件があり、2人が死亡、少なくとも4人が負傷した。地元メディアが報じた。

 同大緊急管理室が注意喚起のためツイッター(Twitter)に投稿した文章によれば、午後6時(日本時間1日午前7時)前に複数の発砲が報告された。この日は学年度の授業の最終日だった。

 米テレビABC系列の地元局WSOC-TVによると、一連の発砲により2人が死亡、4人が負傷した。負傷者のうち2人は、命に関わる重傷を負っているという。また、米FOXニュース(Fox News)系列の現地テレビ局は、死亡した2人は17歳と18歳の男性だとしている。

 警察は実行犯1人を拘束したことを確認。地元NBC Charlotteテレビは、拘束されたのは同校の歴史学の学生で、年齢は22歳だと伝えた。

 米国では数日前、カリフォルニア州パウウェイ(Poway)のシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で10代の犯人による銃撃事件が発生したばかり。この事件では1人が死亡し、3人が負傷した。

 映像前半は、事件が起きた後に一帯が封鎖されたことを受け、建物外に出る学生や教員たち。後半は、事件のあったキャンパスを上空から捉えた映像。30日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/1(水) 16:15
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事