ここから本文です

中国で「ワールド・ドッグ・ショー」初開催 犬肉消費に非難の声も

5/1(水) 16:58配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【5月1日 AFP】中国・上海で30日、世界最大級のドッグショー「ワールド・ドッグ・ショー(World Dog Show)」が開幕した。ワールド・ドッグ・ショーは4日間のイベントで、中国で行われるのは初めてだが、ショー開催をめぐっては中国国内での犬肉消費の広がりから動物愛護団体が非難の声を上げているほか、インターネット上でも反発が巻き起こっている。

 動物保護団体「ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(Humane Society International)」によると、世界で毎年消費される推定3000万匹の食用犬のうち約3分の1が中国で消費されている。

 世界最古の愛犬協会を自称する英国のケネルクラブ(The Kennel Club)は、中国でしばしば犬に対して残虐な殺処分方法が用いられていると非難し、ショーへの不参加を表明している。

 ワールド・ドッグ・ショーの中国開催に対してはさまざまな動物愛護団体が抗議運動を展開し、インターネット上の署名活動にはすでに73万人分以上の署名が集まっている。ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナルは「中国全土にいる多くの愛犬家たちを激怒させているダブルスタンダードであり、愛犬家たちはこのような違法な取引が許されていることにいら立っている」と強調した。

 動物保護団体などはまた、数週間後に中国南部広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)玉林(Yulin)で毎年恒例の「犬肉祭」が行われる予定だと指摘。同自治区では夏至に合わせて犬肉を食べる風習があり、活動家らによると犬肉祭の期間中には毎年数千匹の犬が殺されているという。

 映像は30日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5/1(水) 17:04
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事