ここから本文です

アップルがクアルコムに5千億円 スマホ半導体特許の訴訟の和解で

5/2(木) 9:50配信

共同通信

 【サンノゼ共同】米半導体大手クアルコムは1日、アップルとのスマートフォンの半導体特許を巡る訴訟の和解成立に伴い、45億ドル(約5千億円)~47億ドルの収入を得ると発表した。2019年4~6月期決算で計上し、売上高は前年同期比65~83%増の大幅増収となる見通しだ。

 両社は4月に和解成立を発表。半導体の供給を含む6年間のライセンス契約を結んだ。アップルがクアルコムに特許使用料を支払うとしたが、金額は明らかにしていなかった。

 クアルコムの最高経営責任者(CEO)は声明で、アップルとの和解を評価し、第5世代(5G)通信システム分野での収益拡大に期待感を示した。

最終更新:5/2(木) 11:25
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事