ここから本文です

国交省、JR東日本に警告文書 相次ぐ障害、10連休や受験影響

5/2(木) 18:25配信

共同通信

 10連休中の4月28日に発生した上越新幹線のトラブルなど、利用客への影響が大きい時期に輸送障害を相次いで起こしたとして、国土交通省がJR東日本に警告文書を出したことが2日、同社関係者への取材で分かった。

 JR東では、昨年末や今年の国公立大の2次試験当日にもトラブルが発生。警告では防止体制の検証と改善策の報告を求めた。国交省が個別トラブルの再発防止を求めることはあるが、相次ぐ輸送障害を問題視して、警告するのは異例だ。

 関係者によると、警告文書は4月29日付。

 JR東は「結果的に重大な事象が続き、誠に申し訳ない。再発防止に全力を挙げる」とのコメントを出した。

最終更新:5/2(木) 20:01
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事