ここから本文です

美女スプリンター市川華菜、静岡国際で今季200メートル初戦「不安がありながらも楽しみ」勝負ネイルも披露

5/2(木) 17:01配信

スポーツ報知

 陸上の静岡国際(3日、静岡・エコパスタジアム)に参戦する有力選手が2日、試合会場で最終調整。17年日本選手権100&200メートル2冠の市川華菜(ミズノ)は、今季200メートル初戦へ「どんなものか分からない。不安がありながらも楽しみにしている」と思いを新たにした。

 今月1日から、20年東京五輪の参加標準記録の有効期間がスタート。女子100メートルは11秒15、200メートルは22秒80と、ともに現在の日本記録を上回るタイムへ向き合っていくことになる。この日は、オレンジ色の勝負ネイルも披露。美女スプリンターは「今回は走り込んでこれている。後半、体力が有り余って加速していけるか」と思い描いていた。

最終更新:5/2(木) 17:11
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事